NAVI | kAWASCRIPT2 | MIDI | MIDI-CC | ENVELOPE | MAIN | GUI | INSTALL | CHANGE LOG

インストール


1   How To install (with ReaPack)

You can get my Scripts by ReaPack extentions.( it is free ). "ReaPack" will automatic install ReaScripts from URL that had been pre-registered.

Note

ReaPack official site
ReaPack Official WebPage ( http://reapack.com/ )

about ReaPack on Youtube

my ReaScript ReaPack Repository ( for import ReaPack )

https://bitbucket.org/kawaCat/reascript-m2bpack/raw/master/index.xml

import Repository URL

./animGif/ReaPack_ImportRepository.PNG

after finished install Reapack ,you will get like above image at starting reaper.

install and Update

./animGif/ReaPack03.PNG

2   How To install (Manual)

You can get my ReaScripts

You need Load ReaScript from Reaper's "Action Window".

./animGif/Install.PNG
folder install to
MIDI MIDI Editor section
MIDICC MIDI Editor section
ENV MAIN section
MAIN MAIN section
GUI MAIN section

Recommend

  • I recommeded that You copy Download ReaScript to "scripts" folder on Reaper Resource Path.
  • You can get "Reaper Resource Path" via Reaper's Menu "option -> Show Reaper Resource Path in explorer /finder"
Reaper's menu
"option -> Show Reaper Resource Path in explorer /finder"

(ex): Reaper's Resource Path on windows
c:\users\<username>\AppData\Roaming\REAPER\

3   インストール方法(ReaPack版)

  • ReaPackってなに? → スクリプトを簡単にインストールできるReaper拡張機能。
  • スクリプト更新情報のリポジトリURLを登録しておけば一括して最新版をチェックしてくれる便利なツール。

Note

ReaPack 公式サイト
ReaPack Official WebPage ( http://reapack.com/ )

ReaPackのインストールは公式サイトから。
インストールが終わった後に初めて起動するとこんな画面が出てくる。
(デフォルトで登録されてあるスクリプトのURLの一覧。)

./animGif/reaPack_First.PNG

ReaScript-MIDIの更新情報URLを 「Import ボタン」 を押して追加する。(コピペする)


ReaScript-M2B 更新情報URL ( repository URL )
https://bitbucket.org/kawaCat/reascript-m2bpack/raw/master/index.xml

./animGif/ReaPack_ImportRepository.PNG

※ 注:画像はGitHubリポジトリのまま

無事に更新情報URL(リポジトリURL)を追加できると 「kawa Scripts」 が表示されてるのでダブルクリックするとスクリプトをチェックしてくれる。

./animGif/ReaPack03.PNG
  • GitHubのリポジトリから上書きする場合。
  • 名前は Kawa Scripts のままなのでImportボタンを押して上のURLリポジトリを追加する方法で上書きできる模様。
  • 今のところ、ショートカットの変更はしなくて済んでる。
  • ただし、念のため Reaperの設定を保存してからのほうがいいかも。


5   インストール方法(マニュアル)

  1. ダウンロードページ [zipファイル]からスクリプトをまとめてダウンロードする。
  2. もしくは、 Reaper Resource URL からインストールできる。
  3. ダウンロードした後はActionウィンドウでコピーしたスクリプトをAction ウィンドウからロードする。

./animGif/Install.PNG

画像:ReaperのActionsウィンドウ( Menu -> Actions -> Show Action list.. )

インストールするセクション

フォルダ インストールするアクションのセクション
MIDI MIDI Editor セクション
MIDICC MIDI Editor セクション
ENV MAIN セクション
MAIN MAIN セクション
GUI MAIN セクション(GUI)

Reaper Actionsウィンドウでスクリプトをロードするセクション一覧。

Reaper リソースフォルダの確認方法

  • Reaperのメニューの 「option -> Show Reaper Resource Path in explorer /finder」で確認できる。
(例) windowsの場合
c:\users\<username>\AppData\Roaming\REAPER\

Note

マニュアルインストールする場合、ダウンロードしたスクリプトはリソースフォルダ内の"scripts" フォルダの中にまとめておくのがおすすめ。


NAVI_F | TOP |

Copyright © 2017 Kawa, Inc. All rights reserved.